• HOME
  • note
  • Phantom 4 Pro
  • 【Phantom 4 Pro vs V2.0】実際何が違うの?王道のPhantomシリーズを比較してみた

【Phantom 4 Pro vs V2.0】実際何が違うの?王道のPhantomシリーズを比較してみた

クリエイターやドローンパイロットから絶大な支持を得ているPhantomシリーズ。
2012年の初登場以来、数多くのシリーズ機が誕生しており、現在ではPhantom 4 Pro V2.0が多く利用されています。

これまでのPhantom 2から Phantom 3、 Phantom 3から Phantom 4といったバージョンアップのタイミングでは、機体のビジュアルも多少変更されてきました。
しかし、Phantom 4 ProとPhantom 4 Pro V2.0は、ぱっと見ただけでは見分けがつきません。(よく見るとプロペラの形状が異なるくらいです)

「なんとなくV2.0を使ってるけど・・・」「今持ってるV1はもう時代遅れ・・・?」という方のために、一体何がどう違うのかを解説していきます!

1.スペックを比較してみる


まずは、それぞれの機体スペックについて比較していきたいと思います。

1-1.機体

Phantom 4 ProPhantom 4 Pro V2.0
重量 1388g 1375 g
対角寸法 350mm 350 mm
最大上昇速度 Sモード:6m/s
Pモード: 5m/s
Sモード:6 m/s
Pモード:5 m/s
最大下降速度 Sモード:4m/s
Pモード: 3m/s
Sモード:4 m/s
Pモード:3 m/s
最大速度 Sモード:72 km/h
Aモード:58 km/h
Pモード:50 km/h
Sモード:72 km/h
Aモード:58 km/h
Pモード:50 km/h
最大傾斜角度 Sモード:42°
Aモード:35°
Pモード:25°
Sモード:42°
Aモード:35°
Pモード:25°
最大角速度 Sモード:250°/s
Aモード:150°/s
Sモード:250°/s
Aモード:150°/s
運用限界高度 (海抜) 6,000m 6,000m
最大風圧抵抗 10 m/s 10 m/s
最大飛行時間 約30分 約30分
動作環境温度 0 ~ 40℃ 0 ~ 40℃
GPSモード GPS/GLONASS GPS/GLONASS
ホバリング精度 垂直方向:
±0.1m (ビジョンポジショニング使用時) 、
±0.5m (GPSポジショニング使用時)
水平方向:
±0.3m (ビジョンポジショニング使用時) 、
±1.5m (GPSポジショニング使用時)
垂直方向:
±0.1m (ビジョンポジショニング使用時) 、
±0.5m (GPSポジショニング使用時)
水平方向:
±0.3m (ビジョンポジショニング使用時) 、
±1.5m (GPSポジショニング使用時)

1-2.ジンバル

Phantom 4 ProPhantom 4 Pro V2.0
機構 3軸 (ピッチ、ロール、ヨー) 3軸 (ピッチ、ロール、ヨー)
操作可能範囲 ピッチ:-90 ~ +30° ピッチ:-90 ~ +30°
最大制御速度 ピッチ:90°/s ピッチ:90°/s
ジンバル精度 ±0.02° ±0.02°

1-3.カメラ

Phantom 4 ProPhantom 4 Pro V2.0
センサー 1インチ CMOS
有効画素数:20MP
1インチ CMOS
有効画素数:20MP
レンズ 視野角:84° 、8.8mm/24mm (35mm判換算) 、f/2.8 ~ f/11 オートフォーカス (1m~∞) 視野角:84° 、8.8mm/24mm (35mm判換算) 、f/2.8 ~ f/11 オートフォーカス (1m~∞)
ISOレンジ 動画:
100~3200 (オート)
100~6400 (マニュアル)
写真:
100~3200 (オート)
100~12800 (マニュアル)
動画:
100~3200 (オート)
100~6400 (マニュアル)
写真:
100~3200 (オート)
100~12800 (マニュアル)
メカニカルシャッター 8 ~ 1/2000s 8 ~ 1/2000s
電子シャッター 8 ~ 1/8000s 8 ~ 1/8000s
最大静止画サイズ 3:2アスペクト比:5472×3648
4:3アスペクト比:4864×3648
16:9アスペクト比:5472×3078
3:2アスペクト比:5472×3648
4:3アスペクト比:4864×3648
16:9アスペクト比:5472×3078
PIV(ピクチャーインビデオ)の静止画サイズ 4096×2160(4096×2160 24/25/30/48/50p)
3840×2160(3840×2160 24/25/30/48/50/60p)
2720×1530(2720×1530 24/25/30/48/50/60p)
1920×1080(1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p)
1280×720(1280×720 24/25/30/48/50/60/120p)
4096×2160 (4096×2160 24/25/30/48/50p)
3840×2160 (3840×2160 24/25/30/48/50/60p)
2720×1530 (2720×1530 24/25/30/48/50/60p)
1920×1080 (1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p)
1280×720 (1280×720 24/25/30/48/50/60/120p)
静止画モード シングルショット
バーストショット:3/5/7/10/14枚
オート露出ブラケット (AEB):
0.7EV ステップでの 3/5 ブラケットフレーム
インターバル:2/3/5/7/10/15/30/60s
シングルショット
バーストショット:3/5/7/10/14枚
オート露出ブラケット (AEB):
0.7EV ステップでの 3/5 ブラケットフレーム
インターバル: 2/3/5/7/10/15/20/30/60 s
動画モード H.265
C4K:4096×2160 24/25/30p @100Mbps
4K:3840×2160 24/25/30p @100Mbps
2.7K:2720×1530 24/25/30p @65Mbps
2.7K:2720×1530 48/50/60p @80Mbps
FHD:1920×1080 24/25/30p @50Mbps
FHD:1920×1080 48/50/60p @65Mbps
FHD:1920×1080 120p @100Mbps
HD:1280×720 24/25/30p @25Mbps
HD:1280×720 48/50/60p @35Mbps
HD:1280×720 120p @60Mbps

H.264
C4K:4096×2160 24/25/30/48/50/60p @100Mbps
4K:3840×2160 24/25/30/48/50/60p @100Mbps
2.7K:2720×1530 24/25/30p @80Mbps
2.7K:2720×1530 48/50/60p @100Mbps
FHD:1920×1080 24/25/30p @60Mbps
FHD:1920×1080 48/50/60 @80Mbps
FHD:1920×1080 120p @100Mbps
HD:1280×720 24/25/30p @30Mbps
HD:1280×720 48/50/60p @45Mbps
HD:1280×720 120p @80Mbps
H.265
C4K:4096×2160 24/25/30p @100Mbps
4K:3840×2160 24/25/30p @100Mbps
2.7K:2720×1530 24/25/30p @65Mbps
2.7K:2720×1530 48/50/60p @80Mbps
FHD:1920×1080 24/25/30p @50Mbps
FHD:1920×1080 48/50/60p @65Mbps
FHD:1920×1080 120p @100Mbps
HD:1280×720 24/25/30p @25Mbps
HD:1280×720 48/50/60p @35Mbps
HD:1280×720 120p @60Mbps

H.264
C4K:4096×2160 24/25/30/48/50/60p @100Mbps
4K:3840×2160 24/25/30/48/50/60p @100Mbps
2.7K:2720×1530 24/25/30p @80Mbps
2.7K:2720×1530 48/50/60p @100Mbps
FHD:1920×1080 24/25/30p @60Mbps
FHD:1920×1080 48/50/60 @80Mbps
FHD:1920×1080 120p @100Mbps
HD:1280×720 24/25/30p @30Mbps
HD:1280×720 48/50/60p @45Mbps
HD:1280×720 120p @80Mbps
最大ビデオビットレート 100 Mbps 100 Mbps
対応ファイルシステム

FAT32 (≤32 GB)、exFAT (>32 GB) FAT32 (≤32 GB)、exFAT (>32 GB)
静止画 JPEG, DNG (RAW), JPEG + RAW JPEG、DNG (RAW)、JPEG + DNG
動画 MP4/MOV (AVC/H.264;HEVC/H.265) MP4/MOV(AVC/H.264、HEVC/H.265)

1-4.ビジョンシステム

Phantom 4 ProPhantom 4 Pro V2.0
ビジョンシステム 前方ビジョンシステム
後方ビジョンシステム
下方ビジョンシステム
前方ビジョンシステム
後方ビジョンシステム
下方ビジョンシステム
対応速度 高度2 mで50 km/h以下 高度2 mで50 km/h以下
対応高度 0 ~ 10m 0 ~ 10m
動作範囲 0 ~ 10 m 0 ~ 10 m
障害物検知範囲 0.7 ~ 30m 0.7 ~ 30m
障害物検知角度 前方ビジョンシステム:60° (水平方向)、±27° (垂直方向)
後方ビジョンシステム:60° (水平方向)、±27° (垂直方向)
下方ビジョンシステム:70° (前後)、50° (左右)
前方ビジョンシステム:60° (水平方向)、±27° (垂直方向)
後方ビジョンシステム:60° (水平方向)、±27° (垂直方向)
下方ビジョンシステム:70° (前後)、50° (左右)
検知周波数 前方:10Hz
後方:10Hz
下方:20Hz
前方:10Hz
後方:10Hz
下方:20Hz
動作環境 地表の模様が明瞭で、適切な明るさのある状態
(15 ルクス超)
地表の模様が明瞭で、適切な明るさのある状態
(15 ルクス超)

1-5. 赤外線検知システム

Phantom 4 ProPhantom 4 Pro V2.0
障害物検知範囲0.2 ~ 7m0.2 ~ 7m
障害物検知角度 70°(水平方向) 、±10°(垂直方向) 70°(水平方向) 、±10°(垂直方向)
検知周波数 10Hz 10Hz
動作環境 反射率が異なる表面、
および反射率 >8% (壁、木々、人など)
反射率が異なる表面、
および反射率 >8% (壁、木々、人など)

長々とご紹介しましたが、これらの表を見て「え、ほぼ一緒じゃない・・・?」と思いませんでしたか?私は思いました。
実は、パッと見同じようなこの2台の機体スペックにほぼ変わりはありません。

では、一体何が変わったのか?ポイントは大きく2つあります。

2.ポイント①静音性能の向上


これまでにPhantom 4 Proを使用したことがある方であれば、まず最初に気が付くのがモーター音の違いです。

航空力学に基づき設計されたプロペラが搭載されたことにより、 ドローンのノイズを大幅に低減しているのです。(Mavic Pro・Platinumと同様のアップデートですね)

←V2.0 V1→

ドローンが少しずつ市民権を得てきたとはいえ、静かな場所で飛行させるのはちょっと気が引けてしまうときも・・・。(いかにも「近付いたら危ない!」って感じのモーター音ですからね)
今後、静音性能がどんどん上がってくれることを期待したいです。

ちなみに、従来のプロペラをV2.0に取り付けて使用することも可能ですが、それだと結局うるさくなってしまうのでおすすめしません。
その逆パターンも然りです。

3.ポイント②新しい動画伝送システムの採用


Phantom 4 Pro V2.0では、”OcuSync 2.0″と呼ばれる動画伝送システムが採用されています。
これは従来のLightbridge動画伝送システムに比べて電波干渉に強いことが特徴です。

また、日本国内では関係ありませんが、2.4GHzと5.8GHzの周波数帯を切り替えることもできます。

4.通常利用であればV1でも問題なく使える


しばらくの間生産がストップしていたPhantomシリーズですが、現在はDJI公式オンラインストアにてV2.0の販売が再開されています。

DJIストア:https://store.dji.com/jp/product/phantom-4-pro-v2?vid=43151

これからはMavic2の時代か?なんて言われていましたが、まだまだPhantomシリーズも根強い人気を誇っていますね。

ただ個人的には、すでにPhantom 4 Proを持っているよという方には、V2.0を買うよりもMavic 2 Proをおすすめします。(ほぼ同等スペックで折り畳みができるのは非常に魅力的)

別記事にてPhantom 4 ProとMavic 2 Proについても比較していきますので、お楽しみに!

関連記事一覧