“驚異”の小型ドローン【Mavic Mini】が2019年11月に発売決定!

先日、ドローン世界シェアNo.1のDJI社 より、待望の新機種”Mavic Mini”の発売が決定したとの発表がありました。Mavicシリーズの最新版ということで、すでに購入を心に決めている方も多いのではないでしょうか。

Mavicシリーズでありながら手のひらに収まってしまうサイズ感、重量わずか199 gというコンパクトさが大きな話題になっていますよね。従来の機種に比べて価格も大幅に抑えられており、性能面も気になるところです。

はたして今回の新機種は”買い”なのか?気になるスペックと販売価格をチェックしておきましょう!

1.新機種Mavic Miniは「日本向け」の超軽量仕様


ご存じの通り、日本国内でドローンを飛行させる場合、ドローン規制についての知識が必須となります。

事前に法規制を調べたり、飛行許可を申請したり・・・飛行させるエリアによっては煩雑な手続きを要するケースも少なくありません。

そこで近年人気が高まっているのが、航空法の規制対象外となる200g未満の超軽量ドローンです (※エリアによっては200g未満であっても条例等で飛行が制限されている場合があります) 。一般的にトイドローン等と呼ばれており、その扱いやすい手軽さ・お手頃な価格から、大人はもちろん子供たちのおもちゃとしても人気が高まっています。

今回登場したMavic Miniは、そんな日本の”ドローン事情”を考慮して、200g未満という超軽量に抑えた設計になっているようです。無条件でどこでも飛行できるわけではありませんが、200g未満になったことで、従来のMavicシリーズよりも飛行エリアは格段に広がったと考えられます。

2.小型でもハイクオリティな撮影が可能に


Mavic MiniはDJI初の200g未満のドローンとなりますが、すでに他のメーカーでは同様のサイズ感の機種が多く発売されてきました。「飛行できるエリアが広い」「お手頃な価格」という点から利用したことのある方も多いと思いますが、問題は撮影素材のクオリティと飛行性能でした。

当然、機体を小型にすればするほど、飛行時間と機体の安定性は劣ってしまいます。

また、搭載できるカメラも限られてしまう為、お世辞にもハイクオリティな映像が撮れるとは言い難いものばかりでした。(ラジコン感覚で遊んでみたり、ドローン入門として操縦練習をするにはぴったりです)

しかし、このMavic Miniに関しては、従来の小型ドローンの常識を覆すようなスペックを搭載した、まったく新しいドローンと言えるでしょう。

小型でさらに折り畳み式と、携帯性は抜群

2-1.200g未満と侮ることなかれ!最大飛行時間は驚異の18分

機体を軽量にするためには、当然バッテリーの容量も削らなくてはなりません。しかし、どんなに持ち運びに便利だとしても、慌ただしくバッテリー交換をしながら飛行させるのはストレスですよね。(海上を飛ばしている最中に低バッテリーアラームが鳴ると心臓にも悪いです)

DJIが技術提供をして話題になったトイドローン「Tello」も200g未満のコンパクトな機体ですが、最大飛行時間は13分程。これでも発売当初は「このサイズでこんなに長時間飛行ができるんだ!」と話題になったのです。

また、DJIから出ている小型ドローンといえば「Spark」が有名ですが(重量:300g)、最大飛行時間は16分となっています。

2-2.3軸ジンバル搭載で、滑らかな撮影が可能

DJI製品のファンが多い理由のひとつに、ジンバル技術の素晴らしさが挙げられます。ドローンの操縦に慣れていなくても、安定した3軸ジンバルにより、まるで映画のような滑らかな映像が簡単に撮影できてしまうのです。

トイドローンや小型ドローンにはジンバルが搭載されていないケースも多く、機体とカメラがほぼ固定されているので、カクカクとした映像になってしまうことも珍しくありません。また、機体が軽く風にあおられやすい分、後で確認したらブレブレ・・・なんてことも。

さらにMavic Miniには1/2.3インチセンサーを使用しており、2.7K動画や12MPの写真といった、ハイクオリティな撮影が可能になっています。

このサイズ感に安定の3軸ジンバルと1/2.3インチセンサー、にわかには信じられませんよね。

2-3.専用アプリ”DJI Fly”で動画編集も驚くほど簡単に

せっかくの空撮素材をデータフォルダの中でただ眠らせてしまうのは勿体ない!

動画編集というとなんだか難しそうに思えてきますが、Mavic Miniの専用アプリ”DJI Fly”を使えば、特別な知識もいらずに簡単に編集ができます。SNSへの共有もその場ですぐにできるので、わざわざパソコンに移動させて編集して送って・・・なんて面倒な作業も必要ありません。

撮影後にその場で編集し、SNSへの共有も可能

3.気になる商品価格、おトクなのはどっち?


今回発表されたのは、スタンダード版とフライモアコンボの2種類。

フライモアコンボには予備バッテリーやプロペラガードが付属しており、単品で購入するよりもおトクな価格設定になっています。

最大飛行時間が17分もあるとはいえ、ドローンに予備バッテリーは必須。

さらに安全飛行のためにはプロペラガードも欠かせない為、購入を迷っているのではあれば、ぜひフライモアコンボをおすすめします!(プロペラのスペアがたくさん付いてくるのも嬉しいポイントですね)

Mavic Mini Fly More コンボ
  • Mavic Miniスタンダード版   販売価格:46,200円(税込)
  • Mavic Miniフライモアコンボ   販売価格:59,400円(税込)

現在はDJIオンラインストアや正規販売代理店にて予約を受け付けています。

詳細については、下記公式HPにてご確認ください。
https://www.dji.com/jp/mavic-mini

関連記事一覧