【初心者でもOK】超便利!今すぐ使えるMavic Mini”クイックショット”のすゝめ

話題の小型ドローンMavic Miniには、初心者でも気軽に楽しめる”クイックショット”が搭載されているのをご存知ですか?
手のひらサイズのコンパクトドローンでも、画面をタップするだけで簡単にダイナミックな撮影ができてしまうんです!

説明書が英語表記しかなくてよく分からない!という方のために、すぐに使える便利機能をまとめてみました。

公式ユーザーマニュアルはこちら(英語)

1.クイックショットとは?


クイックショットは、標準搭載されているインテリジェント・フライト・モードの1つです。

機種により使用できるクイックショットは異なり、Mavic Miniでは4種類のモードが用意されています。

他の機体同様、起動方法はホバリング中に画面上のボタンをタップするだけで、特別な操縦スキルは必要ありません。

なお、Mavic Miniは今回新たにリリースされた専用アプリ「DJI Fly」を使用するので、予めダウンロードをしておきましょう。

DJI Flyアプリ:https://www.dji.com/jp/dji-fly

2.各クイックショットの特徴


Mavic Miniで使用できる4種類のクイックショットをご紹介していきます。

2-1.ドローニー

ドローニーは機体が上昇しつつ後方へ下がりながら撮影を行います。
全体の景色がだんだんと広がっていくように見せたい場面に効果的です。

崖や海沿いでこのモードを使用すると、迫力のあるダイナミックな映像が撮れるのでおすすめです!

2-2.サークル

その名の通り、被写体の周りをぐるっと回って撮影してくれるモードです。
360°同じように撮影できるので、下の動画のような開けた場所や、山の頂上などでも素敵な映像が楽しめそうですね。

2-3.ヘリックス

ヘリックスは螺旋状に回転しながら上昇する、非常に躍動感のある動画が撮影できるモードです。

常に被写体にカメラを向けながら回転させるのは案外難しいので、初心者の方にぜひとも活用していただきたい機能のひとつです。

2-4.ロケット

ロケットは、カメラを下方向に向けたまま機体が上昇して撮影を行います。

シンプルな撮影方法ですが、周囲の障害物の影響等、あまり広範囲を飛行させられない時にも気軽にお試しいただけるモードです。

3.映像編集も共有も「DJI Fly」アプリで


簡単に迫力のある動画を撮影できるクイックショットですが、そのままデータフォルダに眠らせてしまうのは勿体ない!
DJI Flyにはクリエイターが設計したテンプレートが複数用意されており、好みの動画に適用させるだけでプロタッチの動画編集が可能になります。

また無料で使えるバックグラウンドミュージックや特殊効果なども設定でき、自分だけのオリジナル動画がすぐに完成します。
タイムラインを使って編集できる”マルチトラック動画編集”機能を使えば、よりイメージに近い細やかな編集も可能になります。

また、SkyPixelにシェアをすれば、世界中のフォトグラファー達の作品を見ることができます。
撮影のアイディアも見つかりそうですね。

4.まとめ


199gの超軽量ドローンとして注目を集めたMavic Miniですが、その可愛らしいビジュアルからは想像もつかないほどの高スペックが話題となっています。

たくさんの可能性を秘めたMavic Miniで、今年の冬を思いっきり楽しんじゃいましょう!

関連記事一覧

  1. No comments yet.