【徹底比較】Mavic Air 2 vs Mavic Mini 今買うべきドローンは?最新Mavicを比較してみた。

ドローン世界シェアNo.1のDJIより、ついにMavic Air 2が発表されました。これまでのMavic Airから大幅にアップデートされており、Mavic 2 Proをも凌ぐ画素数ということで話題になっていますね。(さらに飛行時間まで長い)

今回は、昨年秋に発売されたばかりのMavic Miniと比較し、一体どちらのドローンが今の買いなのかを検証していきたいと思います!

1.まさかのプロ仕様?Mavic Air 2で出来ること


遂にMavic 3やPhantom 5が発表されるのか!?なんて噂も囁かれてはいましたが、今回登場したのは初心者にも大人気のMavic Airの上位機種でした。
パッと見はMavic MiniやMavic 2とそっくりなビジュアルをしていますが、中身を見てみると、今までになかった”最強のドローン”であることがわかります。

1-1.とんでもない長時間飛行が実現

Mavic MiniとMavic 2の中間サイズとなる小ぶりのボディですが、機体の中心部には大容量バッテリーを搭載しており、なんと最大飛行時間は34分にも達します。
これまでDJIの一般向け空撮機では、Mavic 2が31分と一番長く飛行できましたが、軽々超えてきましたね・・・。

撮影場所で慌ただしくバッテリーを付け替えたり、充電できる場所を探し回る必要がないのは非常に大きなポイントです。
バッテリーが無くなって海に緊急着陸・・・なんて悲劇も防げそうです。

1-2.Mavic2を超える驚異の4800万画素

機体が小型になればなるほど搭載できるカメラも小さくなるため、一般に小型ドローンのカメラ性能はそこまで高くないのが現実です。
しかし、今回登場したMavic Air 2はセンサーサイズがアップしており、なんと有効画素数は4800万という数字に。

ちなみにPhantom 4 Pro、Mavic 2 Proはともに2000万画素となっています。

【Mavic vs Phantom】結局使えるのはどちらのドローンなのか?スペック徹底比較!

1-3.使いやすさを重視した新しい送信機

注目すべきは機体だけでなく、新たに設計された送信機にも特徴があります。

これまで、Mavicシリーズの送信機は下部のアームにデバイスを差し込んで使用するモデルとなっていましたが、Mavic Air 2では、Phantomシリーズのように上部にデバイスを固定することになります。(個人的には画面が上にあった方が見やすいので、今回の仕様変更は嬉しいポイントです)

バッテリー駆動時間が伸びたのは機体だけでなく、送信機も連続240時間の使用が可能となりました。
送信機は外付けバッテリーがないため、一度の充電でこれだけ長く使用できるのは非常にメリットですね。

しっかりとしたサイズ感で、操縦の快適性も格段にアップしているようです。

2.Mavic Air 2とMavic Miniを比べてみる


それでは、見た目がそっくり(?)なMavic Air 2とMavic Miniですが、スペック・販売価格で比較していきたいと思います。

2-1.スペック比較

Mavic Air 2
Mavic Mini
寸法(畳んだ状態)180×97×84 mm140×82×57 mm
寸法(展開した状態) 183×253×77 mm160×202×55 mm
離陸重量570 g199g
最大飛行時間34 分18 分
最大飛行速度68.4 km/h46.8 km/h
ジンバル3軸3軸
センサー1/2インチCMOS1/2.3インチ CMOS
最大動画解像度4K @60 fps2.7K @30 fps
最大写真解像度48 MP12 MP
障害物検知前方障害物検知/後方障害物検知/下方障害物検知下方障害物検知
動作環境温度-10°C~40℃0℃~40℃
内部ストレージ8 GB
ジンバル可動範囲チルト: -135°~45°
ロール:-45°~45°
パン:-100°~100°
チルト:-110°〜+35°
ロール:-35°〜35°(ポートレートモード)
パン:-20°~+20°
販売価格105,600円
132,000円(Fly more)
46,200円
59,400円 (Fly more)
レンタル価格MavicAir2 6,800円
(ドロサツレンタルより)
MavicMini 2,900円
(ドロサツレンタルより)

こうして並べてみてみると、サイズと重量に結構な差があることがわかりますね。(Mavic Air 2も十分コンパクトだと思いますが)
その分、カメラやバッテリー容量、障害物センサー等に差が表れているように感じます。

2-2.販売価格比較

次に販売価格を見てみましょう。どちらの機種も、機体+送信機がセットになったスタンダード版と、アクセサリー類がセットになったFly moreコンボが用意されています。 MavicAir2のドローン購入価格はMavicMiniの倍という感じですね。

Mavic Air 2
Mavic Mini
スタンダード版105,600円46,200円
Fly Moreコンボ132,000円59,400円

初期費用を抑えるためにスタンダード版を購入しても、結局途中でアクセサリーを買い足すことがほとんどだと思うので、個人的にはFly moreコンボの購入が断然おすすめです!

購入前のお試し利用ならドローンレンタルのドロサツ!!:Mavic Miniが1泊2日3,800円~

3.手軽さを取るかクオリティを取るか


これまでスペックと価格を見てきましたが、これらの機種では「200g未満であるかどうか」という大きな違いもあります。日本国内でドローンを飛行させる場合、機体重量によって適用されるルールが大きく異なるため、購入時にどちらを選ぶかによって、使い勝手の良さ(手軽さ)には大きな差が出るでしょう。

ドローン規制についてはこちらの記事をご参照ください。
【法律だけじゃない】意外と知らないドローン規制についてのまとめ

200g未満のドローンは非常に手軽に楽しめるため、趣味の利用であれば正直Mavic Miniでも十分事足りるのではないかと思います。一方、Mavic Air 2は570 gとなっているため、Mavic2やPhantom等と同様に、多くの法規制・ルールを理解しておく必要があります。(しかしその分高画質を楽しめます)

価格も大幅に異なるため、購入するのはMavic Mini、綺麗に撮影したいときはMavic Air 2をレンタルするというのもありかもしれませんね。

3-1.みんなでワイワイ遊ぶならMavic Mini

Mavic Miniは他のMavicシリーズと比べて非常に手ごろな価格帯となっていますが、決して安かろう悪かろうというわけではありません。

手のひらサイズのコンパクトさでありながら、耐風性能もばっちり。
最大飛行時間18分と、200g未満のドローンの中ではトップクラスの長時間飛行が可能であり、2.7K撮影対応というカメラの性能面でも申し分ありません。

また、クイックショットと呼ばれる画面をタップするだけで動画が撮影できる機能も搭載しているため、ドローンを初めて利用するという方でも、簡単に撮影を楽しむことができます。

Mavic Miniのクイックショットについての記事を読む

鞄に入れて持ち歩けるサイズ感なので、気軽に記念撮影を撮る感覚で使用したいという方にはMavic Miniがおすすめです。

3-2.動画編集や作品作りにこだわりたいならMavic Air 2

Mavic Air 2は、これまでのMavic Airより一回り大きいものの、Mavic 2等の本格派ドローンに比べれば十分携帯性に優れたドローンといえます。
機体が大きくなった分、センサーサイズも一回り大きくなっており、有効画素数は格段にアップしました。また、今回新たに追加された8Kタイムラプス機能も非常に気になるところです。

気軽にドローン撮影を楽しみたいけど、質にもこだわりたいという方、YouTuberやクリエイターにはMavic Air 2をおすすめします。

また、Mavic Miniにはない障害物回避機能が搭載されているため、初心者でも安心して楽しむことができます。

4.まとめ


発表されたばかりでまだまだ情報の少ないMavic Air 2ですが、公式サイトを見ているだけでも非常に期待が高まります!
実際どれくらい飛行できるのか、どれほど迫力ある映像が取れるのか、引き続き検証していきたいと思います。

ドローンレンタルの「ドロサツ!!」なら、最新Mavicもお手頃価格でレンタルできます。最新発売のMavicAir2のレンタルMavicMiniのレンタルもありますので、まずは最新ドローンを試してみましょう。

関連記事一覧