【DJI新作ドローン登場!】性能は?価格は?Mavic Air 2を徹底解剖

次に出るのはMavic?Phantom??産業機???など、様々な憶測が飛んでいましたが、大人気Mavicシリーズの最新作となる”Mavic Air 2″が発表されました!

気になるスペックや販売価格、従来のMavic Airとは何が違うのか?という点について解説していきます。
調べれば調べるほど、歴代Mavicの中でもけた違いに優れているような気がしてきました・・・。

1.Mavic Mini/Mavic 2を思わせるビジュアル


予告ページを見る限り、次にくるドローンは「クールなビジュアルで、高性能ドローンなんだろうな~」と考えていましたが、今回発表されたMavic Air 2の外見は、まさしく予感的中でした!(Airのバージョンアップとは思っていませんでしたが)

Mavicシリーズの中でも新しいMavic Mini・Mavic2シリーズを思わせるグレーのボディで、無駄をそぎ落としたシンプルな設計になっています。画像だけでは見間違えることもあるかもしれないですね。

Mavic Air 2Mavic MiniMavic 2

よく見ると、Mavic Air 2のみバッテリーの部分に「DJI」のマークが入っているようです。

2.Mavic Air 2の特徴


Mavic Air 2は一体何ができるドローンなのか?公式HPで紹介されている通り、飛行性能・カメラ性能ともに格段にバージョンアップしていることがわかります。
なんだか色々とすごくてびっくりです。

2-1.最大飛行時間34分

これまで、30分以上の飛行となるとPhantomやMavic2クラスのドローンを使用する必要がありましたが、なんとこのMavic Air 2は34分という驚異の長時間飛行が可能になっています。(一般向けドローンで最長レベル)

1本あたりの飛行時間が長いというのは、かなり嬉しいポイントですよね。

2-2.8Kハイパーラプス

バージョンアップの目玉は飛行性能だけでなく、カメラの大幅な改良にもあります。

Mavic Airに比べてセンサーサイズが大きくなっており、48 MP写真の撮影が可能になりました。また、ハイパーラプス機能を使えば、なんと8Kの撮影もできるというから驚きですね・・・!

普段あまりハイパーラプスで撮影しないという方にこそ、ぜひこの高画質を体感していただきたいところです。

2-3. APAS 3.0 障害物回避

これまでのMavic Airにも障害物回避機能が搭載されていましたが、従来のバージョンよりも大幅にアップデートされているとのことなので、どの程度の精度なのか試してみたくなりますね。

Mavic Miniにこの機能がなかったのは残念でしたが、やはり障害物センサーがあると非常に心強いです。

3.Mavic Airとのスペック比較


次に、Mavic Airとのスペックを比較してみていきます。
コンパクトさが売りのMavic Airとしては、サイズが若干大きくなっているものの、飛行時間やカメラ性能を見る限り許容範囲ではないでしょうか。

Mavic Air 2 Mavic Air
寸法(折り畳み時)180×97×84 mm168×83×49 mm
寸法(展開時)183×253×77 mm168×184×64 mm
離陸重量570 g430 g
最大飛行時間34 分21分
最大飛行速度68.4 km/h68.4 km/h
ジンバル3軸
モーター搭載ジンバル
3軸
メカニカルジンバル
センサー1/2インチCMOS1/2.3インチCMOS
動画解像度4K @60 fps4K @30 fps
写真解像度48 MP12 MP
障害物検知(前方)0.35 ~ 22 m0.5 ~ 12 m
障害物検知(後方)0.37 ~ 23.6 m0.5 ~ 10 m
障害物検知(下方)0.1〜8 m
コントロールモード送信機送信機/モバイル端末/ジェスチャー
最大伝送距離MIC(日本):6000 mMIC(日本): 2000 m
最大飛行距離18.5 km10 km
動作環境温度-10°C~40℃0℃~40℃
内部ストレージ8 GB8 GB
ジンバル可動範囲チルト: -135°~45°
ロール:-45°~45°
パン:-100°~100°
チルト: -100°~+22°
ロール:-30°~+30°
パン:-12°~+12°
静止画サイズ48 MP 8000×6000
12 MP 4000×3000
4:3、4056×3040
16:9、4056×2280
静止画モードシングルショット:12 MPと48 MP
バーストショット:12 MP、3/5/7枚
オート露出ブラケット (AEB):12 MP、3/5枚(0.7EVステップ)
タイマー撮影:12 MP、2/3/5/7/10/15/20/30/60秒
スマートフォト:シーン認識/ハイパーライト/HDR
HDRパノラマ:
垂直 (3×1): 3328×8000ピクセル (幅×高さ)
ワイド (3×3):8000×6144ピクセル (幅×高さ)
180° パノラマ (3×7):8192×3500ピクセル (幅×高さ)
スフィア (3×8+1):8192×4096ピクセル (幅×高さ)
シングルショット
HDR
バーストショット:3/5/7枚
オート露出ブラケット (AEB):3/5枚 (0.7EVステップ)
インターバル: 2/3/5/7/10/15/20/30/60 秒
パノラマ:
3×1:42°×78°、2048×3712 (W×H)
3×3:119°×78°、 4096×2688 (W×H)
180°:251°×88°、6144×2048 (W×H)
スフィア (3×8+1):8192×4096 (W×H)
動画解像度4K Ultra HD:3840×2160 24/25/30/48/50/60 fps
2.7K:2688×1512 24/25/30/48/50/60 fps
FHD:1920×1080 24/25/30/48/50/60/120/240 fps
4K Ultra HD HDR:3840×2160 24/25/30 fps
2.7K HDR:2688×1512 24/25/30 fps
FHD HDR:1920×1080 24/25/30 fps
4K Ultra HD:3840×2160 24/25/30p
2.7K:2720×1530 24/25/30/48/50/60p
FHD:1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p
HD:1280×720 24/25/30/48/50/60/120p
動画 最大ビットレート120 Mbps100 Mbps

4.これまでの送信機と何かが違う?


Mavic Air 2の送信機のビジュアルは、これまでのMavicシリーズとはちょっと異なるようです。

送信機の下部に付いているアームにデバイスを挟みこむタイプから、送信機の上部にデバイスを設置して使用することになり、操作性は格段に向上していると思われます。

個人的には、アームの隙間に埃が溜まったり、使用中にスマートフォンがずれてくるのがストレスだったので(送信機を持つ手に力が入りすぎ・・・?)、今回の設計変更は嬉しいポイントです。(Phantomの送信機は安定感があって好き)

5.バージョンアップしまくりなのに意外と安い


前回のMavic Miniも自分としても結構衝撃的な価格でしたが、このMavic Air 2も「え?この値段でいいの?」というのが最初の印象です。

↓Mavic Air/Air 2の価格比較

Mavic Air 2
Mavic Air
スタンダード105,600円84,700円
Fly More コンボ132,000円127,160円

いくら長時間飛行が可能とはいえ、予備バッテリーは絶対欲しくなるので、買うならFly moreコンボを強くおすすめします。

スタンダードな機体と送信機のセットは+2万円となっていますが、Fly more コンボだとほぼ変わらないというのは驚きです。(セット内容の詳細についても、別記事でご紹介していきます!)

6.まとめ


おもちゃみたいなビジュアルのMavic Airも良かったですが、これから購入するなら断然Air 2ですね。
(趣味の空撮はMavic Miniで十分!と思ってたけど、Air 2に揺らぎそうです)

手に入れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、開封レビューや操縦方法について、どんどんご紹介していきたいと思います!

関連記事一覧