【驚異の最大飛行時間55分!】DJIから超ハイスペ産業機「Matrice 300 RTK」が登場!

手のひらサイズの小型機体から、プロ向けの本格派ドローンまで、ありとあらゆるジャンルの製品を生み出しているDJIから、今度は大人気Matriceシリーズの最新作「Matrice 300 RTK」が登場しました!

これまでのMatriceとは全く異なる様々な機能が追加されており、すでに今後の業界をけん引していく存在になること間違いなしと思われます。

Matrice 300 RTKとは一体何なのか?気になる性能をチェックしていきましょう!

1.現代の航空システムから着想を得た設計


機体のベース自体は、これまでのMatriceシリーズと似たような設計に見えますが、最大飛行時間55分・最先端のAI性能・6方向検知&測位技術といった新たな機能が多数搭載された、今までにない産業用ドローンとして登場しました。

1-1.最大55分の飛行が可能に

まず驚いたのが「最大飛行時間55分」という驚異の飛行スペックです。
Matrice 200 V2では最大38分の飛行が可能でしたが、それを17分も更新してくるとは思いもしませんでした。

この長時間飛行により、点検・調査業務への使い勝手が抜群に良くなるのは勿論のこと、災害現場の調査や捜索救助等、1分1秒たりとも無駄にできない現場での利活用も急速に広がると考えられます。

自己発熱型バッテリーを搭載できるため、冬場の過酷な環境においてもスムーズに業務を遂行することができます。(動作環境温度:-20°C~50°C)

1-2.AIによるスポット確認

定期点検を自動化することで、これまでよりも正確なデータの取得が実現します。対象物をAIが認識し、次回以降のミッション中にも自動で対象物を識別できるため、調査範囲がずれてしまう心配もありません。
事前に撮影が必要となる対象物を目視で確認する必要がなくなるため、大幅な作業時間の短縮が期待できます。

また、進化したWaypoints 2.0では、最大65,535個のウェイポイントを作成することができ、複数のペイロードに各ウェイポイントでのアクションを設定することも可能です。

これまでよりも、より柔軟で効率的な飛行経路計画が実現します。

1-3.航空機レベルの状況認識力

Matrice 300 RTKには、新たなプライマリー フライト ディスプレイ (PFD)が搭載されています。
飛行情報や航行情報、障害物情報が表示されるほか、機体の姿勢・高度・速度・風速や風向きといった情報も把握できるようになります。

リアルタイムで情報を取得できるため、より安全な飛行が可能となりました。

2.安全性と信頼性の向上


全てのシステムステータスの把握が可能な「統合型状態管理システム」は、機体のフライトログや飛行時間、飛行距離に関する情報が全て記録されます。

ドローンは飛行時間や飛行回数に応じたメンテナンスも必要となるため、これらに活用できる機体のお手入れアドバイスを確認することもできます。

また、フライト中の安全性・安定性を高めるため、最大40 mの範囲内を検知することができる「デュアル ビジョンセンサー」と「ToFセンサー」が機体の全6側面に搭載されています。
DJI Pilotアプリ上では、ミッションに応じて機体の検知動作をカスタマイズすることも可能です。

3.Zenmuse H20シリーズとの互換性


これまでのMatriceシリーズと同様に、Matrice 300 RTKにも最大3つのペイロードが搭載可能です。(最大ペイロード:2.7kg)

  • シングル下方ジンバル
  • シングル上方ジンバル × シングル下方ジンバル
  • シングル上方ジンバル × デュアル下方ジンバル

また、今回新たに登場したZenmuse H20シリーズにも対応しています。

Zenmuse H20

トリプルセンサー ソリューション
・20 MP ズームカメラ
・12 MP 広角カメラ
・1200 m LRF

Zenmuse H20T

クワッドセンサー ソリューション
・20 MP ズームカメラ
・12 MP 広角カメラ
・1200 m LRF
・640×512 px 放射分析サーマルカメラ

4.気になる販売価格は?


DJIの産業用ドローンの価格は、基本的にネット上で公開はされていませんが、今回登場したMatrice 300 RTKの機体参考価格は約950,000円となっています。(バッテリー・充電器等を除く)

Zenmuse H20シリーズの参考価格は、約450,000円からとのこと。

5.まとめ


Matrice 300 RTKの性能をかいつまんでご紹介していきましたが、「もうMatrice 200 V2シリーズじゃ時代遅れなの?」「Matrice 210 RTK V2との違いは?」等、気になることもたくさんあります。

次回は、従来のMatrice 200 V2シリーズとの違いや、同じRTK対応のPhantom 4 RTKとの比較、Zenmuseカメラのスペック等をまとめていきたいと思います!

関連記事一覧

  1. No comments yet.