【飛行前に要チェック!】送信機の”スティックモード”の違いとは?

ドローンを操縦する際、飛行前に送信機のスティックモードを選択することができます。

大手ドローンメーカー「DJI」のドローンでは、基本的に複数のモード設定が用意されていますが、初心者からすると「何を基準に選べばいいの?」と思ってしまいますよね。 

各モードの違いについて、また初心者におすすめのスティックモードについて解説していきます。

1.DJIのデフォルト設定はモード2


DJIのドローンでは、デフォルトでモード2に設定されていることが多いので、今まで特にモード設定を気にせず飛行されていた方は、すでにモード2で慣れている可能性があります。

また、これからドローンを始めようと思っている方におすすめしたいのは、このモード2になります。

デフォルトで設定されているということは、それだけ主流で使われているモードということですね。
日本国内はモード1、海外ではモード2と言われることがありますが、人気の空撮用ドローンは海外製品が多いため、モード2の操縦に慣れておいて損はありません。

2.各スティックモードについて


各スティックモードでどのような違いがあるのか、Phantomシリーズの送信機を使って解説をしていきます。

2-1.モード1

モード2と並び、国内で広く使用されているモードです。スティック操作による機体の挙動は、以下をご確認ください。

デフォルトでモード2にされているケースが多いとお伝えしましたが、ドローンスクールなどによってはモード1で講習を行なっているところもあるようです。
今後スクールに通う予定のある方や、講習を受けようと考えている方は、事前に確認をしてから練習を始めるといいかもしれません。

また、ラジコンの操作に慣れている方であれば、モード1の方が使いやすいという声も多いです。(その影響で日本ではモード1が主流になっているようです) 

2-2.モード2

多くのドローンでデフォルト設定になっているモードです。
基本操作の説明にも用いられることが多く、これからドローンを始めようと考えている方には、このモード2をおすすめします。

私もドローンを使い始めたばかりの頃にモード1とモード2を試しましたが、初めは何の設定も変更せずに練習していたので、結局モード2で飛行させる癖がついてしまいました。(現時点ではモード1が使いこなせなくても不自由を感じたことはありません) 

2-3.モード3

モード3は、モード2のスティック操作が左右入れ替わったものです。左利き用のモードとも言われていますが、こちらを使用している方はあまり多く見かけません。

2-4.番外編:カスタムモード

機種によっては、自分専用のカスタマイズができるモードを搭載しているものもあります。

こちらに関してはモード3同様、使用されることはそこまで多くなく、初心者の方にはあまりおすすめしません。(スティック操作はしっかり覚えないと事故に繋がるので・・・) 

3.まとめ


国内の主流はモード1、海外の主流がモード2とお伝えしましたが、自分が操作しやすいと感じるモードを使用することが1番です。(どちらが良い・悪いというのはありません)

まずはマニュアルを確認しながら一通り動かしてみて、しっくりくる(覚えやすい)モードを探してみてください。

関連記事一覧

  1. No comments yet.