【買うよりレンタルがおトク!?】ドローンをレンタルするメリット

“SNS映え”に敏感な若い世代やラジコン全盛期のお父さん世代など、年代を問わず人気が高まってきているドローン。

海や山の近くをちょっと飛ばすだけでも、びっくりするほど綺麗な動画や写真が撮れてしまうスグレモノです。この夏、旅行先や帰省先で「ドローン使ってみたいなぁ」なんて考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、最先端技術の詰まったドローンはとても高価なので、いくら魅力的でも購入のハードルはなかなか高いというのが現実。

そこで今回は、気になるドローンをお手頃な価格で使うことができる”ドローンレンタル”のメリットについてご紹介します。

1.レンタル vs 購入 どっちがおトクなのか?


ドローンをレンタルするか購入するか迷っている方向けに、まずはそれぞれの特徴等を比較していきたいと思います。

これからご紹介する内容はお住まいの地域や予算によって変わってきますが、少しでも参考になれば幸いです。

1-1.機体価格を比較しよう

まず、モノを買うときに気になるのが何と言っても価格です。

ドローンは手のひらサイズの小さな機体から、プロが使う本格派の大型機体まで、たくさんのメーカーから様々ン用途にあわせた機体が山のようにあります。一口に「ドローンの価格」といってもかなり幅が広いわけです。

ここでは例として、ホビー利用・業務利用ともに人気が高い、昨年の秋に発売された「Mavic 2 Pro」で比較していきたいと思います。


■Mavic 2 Proとは?

発表前から「DJIが新時代のドローンを生み出した」と大きな話題になった「Mavic 2 Pro」。

最大飛行時間は31分で、折りたたみ式のドローンとしては今までにない長時間飛行が可能になりました。また、低ノイズプロペラを採用しており、大きなモーター音を気にする必要もありません。

進化した高度操縦支援システム(APAS)と機体の全方向に搭載されたセンサーにより、従来のMavicシリーズに比べ、安全面も格段にレベルアップした機体です。


まず、 Mavic 2 Proのメーカー販売価格は194,000円となっています。機体とバッテリー1本、送信機に充電器と、すぐに使えるセット内容ですね。

引用:DJIオンラインストア

続いて、同様のセットを1泊2日でレンタルした時の費用を見ていきます。

  • レンタル会社A:20,400円(配送料無料)
  • レンタル会社B:16,200円(+配送料)
  • レンタル会社C:24,800円(配送料無料)
  • レンタル会社D:14,200円(+配送料)

【費用内訳】機体、バッテリー、送信機、充電器のセット
※レンタル会社によって、付属するオプション品の内容やレンタル期間の考え方に多少差がありました

配送料を含めて考えると、大体20,000円前後でレンタルできそうですね。購入に比べると、短期の利用であれば定価の1割程度の価格で使えるということになります。

いきなり20万円の購入に踏み切るよりも、まずはお試しでレンタルを利用するのもいいですね。

1-2.メンテナンスや賠償保険にかかる費用は?

ドローンを使用するうえで忘れてはいけないのが、メンテナンスや保険にかかる費用についてです。

レンタルを利用する場合、上記は基本的に無料付帯(レンタル料金に含まれていることがほとんど)となっています。

しかし、機体を購入した場合は、当然個人で加入・実施する必要があります。

・賠償保険

DJIの対象機種を購入した場合は、購入特典として1年間の賠償責任保険が付いてきますので、2年目からの加入が必要となります。

保険の種類もたくさんありますが、安いプランだと5,000円程度から加入できるようです。

・機体メンテナンス

メンテナンスに関しては、10,000円前後から提供している業者もあるようです。

日常的な機体点検に加え、一定時間以上のフライトをした場合、定期的なメンテナンスを推奨されています。

引用:DJI安全飛行について

1-3.使用頻度はどのくらい?

車やバイク等と同様で、ドローンも使用していない期間が長ければ長いほど、使うたびに念入りな機体チェックを行う必要があります。空飛ぶ精密機器ですから、ちょっとの不具合も見過ごせませんよね。

海の近くで使用した後、数か月後に見たらパーツが錆びていた・・・なんてもことも。

機体の具合を確認する意味も含め、

1)どのくらいの期間で購入価格の元が取れそうか
2)近くに飛行できるエリアがあるか
という点を事前に確認し、レンタルか購入か判断の基準にしてみてはいかがでしょうか。

2.おすすめのドローンレンタル業者をご紹介


レンタル業者によって、価格に結構なばらつきがあります。オプション内容やレンタル日程の考え方(到着日・返却日)、配送料なども忘れずにチェックしましょう。

2-1.ドロサツ!!

世界シェアNo.1 DJI社のドローンを専門に扱うレンタルサービスです。

空港受け取りや宿泊先への配送にも対応しているので、旅行などでも荷物を気にすることなく利用できます。

初心者向けの小型機体からプロ向けの本格ドローンまで人気の機体をレンタルすることができ、オプション品もドローン専門ショップならではの品揃え。レンタル後に気に入った機体を購入することもできます。

また、月額料金で使い放題になるサブスクリプションサービスも展開しており、コスパ重視の方にはおすすめです。

https://www.drosatsu.jp

2-2.Rentio(レンティオ)

ドローンの他にも一眼レフやビデオカメラ、家電まで幅広い商品を取り揃えているレンタルサービスです。

商品ページのカレンダーから空き状況を確認することができ、ネットから簡単に申し込みが可能。

表示価格は3泊4日・往復配送料込と、とてもおトクな価格設定になっています。

https://www.rentio.jp/

2-3.ドローンレンタルネット

短期のレンタルを安く利用できる業者が多い中、長期レンタルにも力を入れているレンタルサービスです。(※こちらは法人限定サービスのようです)

人気のMavicシリーズの他、プロ向け・産業用ドローンの取り扱いが充実しているので、将来ドローンを仕事にしたい・パイロットを目指している方の練習機にもおすすめです。

https://drone-rental.net/

2-4.rentry(レントリー)

お試し価格で気軽に利用できる小型機体を揃えたレンタルサービスです。

サイトでは実際の撮影シーンや活用方法がたくさん紹介されており、どの商品も使ってみたくなるような仕掛けが満載です。

各製品情報も詳しくまとめられているので、初めての方でもしっかり比較して選ぶことができますね。

https://rentry.jp/

3.ライフスタイルにあわせてレンタルを活用しよう


レンタルの魅力を中心にご紹介しましたが、もちろん購入するメリットもたくさんあります。

自分だけのモノにできるので、多少の傷などは気にせず使い倒すことができますし、ボディのカラーチェンジやカスタマイズを楽しんでみたりと、レンタル品にはない幅広い楽しみ方ができます。

レンタル品だと思うと、破損や紛失が怖くて思いっきり飛ばせなかったりもしますよね。

購入前のお試しにレンタルを利用したり、高額機体はレンタルで済ますなど、ライフスタイルに合わせてレンタルサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧