• HOME
  • note
  • - , Osmo Action
  • 【次世代アクションカメラ】ウィンタースポーツとの相性抜群!Osmo Actionのすゝめ

【次世代アクションカメラ】ウィンタースポーツとの相性抜群!Osmo Actionのすゝめ

サーフィンやロードバイク、ダイビング等との相性が抜群のアクションカメラ。格好いいCMを見るたびに、こんな動画が撮れたらすごいな~と思いますよね。
でも、サーフィンはやらないし、海外旅行に行く機会もないし・・・という方におすすめしたいのが、手軽に楽しめるウィンタースポーツの撮影です。

この冬お出かけするなら使わないと勿体ない!(海外旅行に行くならなおのこと)
次世代アクションカメラ”Osmo Action”の魅力をたっぷりとお伝えしていきます。

1.Osmo Actionの特徴


Osmo Actionは、ドローンの世界シェアNo,1を誇る企業「DJI」から発売されているアクションカメラです。
片手にすっぽりと収まるサイズ感、シンプルなデザイン設計で、GoProと並び”2大アクションカメラ”として注目を集めています。

そんな今年発売されたばかりの新人が大きな注目を集めているのには、以下の理由が挙げられます。

実際に使用してみると、今までのアクションカメラとの違いにきっと驚くはず!

1-1.優れた電子式映像ブレ補正

DJIといえば、 ブレ補正技術の高さに定評があります。ブレ補正なんて今どき当たり前でしょ?と思うかもしれませんが、DJIのレベルの高さは並大抵のものではありません。
数多くのドローンを生み出してきた中で培った技術が、この小さなカメラに詰め込まれているのです。

ブレ補正機能のあるカメラでも、動きの激しいシーンを動画で撮影すると酔ってしまうこともありますが、このOsmo Actionでは映画のような滑らかな映像が手軽に撮影できてしまうのです。

1-2.GoProアクセサリーとの互換性

アクセサリーの接続パーツがGoProと同様の設計になっている為、すでにGoProでアクセサリーを持っていても、一から揃えなおす必要がありません。初期費用を極力抑えられるので、これは嬉しいポイントです。
(GoProを意識して開発されたのがわかりますね)

1-3.快適な操作性

タッチパネル式のカメラは数多く発売されていますが、指でスワイプした時の挙動がいまいちスムーズにいかないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

スマートフォンのようにサクサク進んだら使いやすいのに・・・という方にぜひ使っていただきたいです。(あまりのスムーズさに感動しました)

1-4.前面に配置されたディスプレイ

セルフィ―のしやすさはもちろん、カメラを固定して撮影する際に、わざわざ背面から覗き込んで角度を調節する必要がない!これは恐ろしく便利です。

背面に比べればコンパクトなディスプレイですが、フルカラーでクリアに表示されるので、重宝すること間違いありません。

2.Osmo Actionでできること


Osmo Actionはさまざまなシーンを躍動感たっぷりに撮影することができます。
ここではすぐに使える一部の機能をご紹介していきます。

2-1.スローモーション動画撮影

8倍スローモーション機能が付いており、動きのあるシーンがよりダイナミックに撮影できます。

通常速度とスローモーションを組み合わせることで、簡単にプロタッチの動画が楽しめます。

2-2.タイムラプス機能

景色の撮影にぴったりのタイムラプス機能。時間の流れを美しく残すことができる、最近ではスマートフォン等でも人気の撮影方法ですね。定点での撮影はもちろん、動きのある動画の撮影もおすすめです。

2-3.カスタムモード

自分好みの設定値を保存して、いつでもベストな撮影がすぐに開始できるモードです。
動画編集にこだわりたいクリエイターにおすすめの機能です。

3.初心者にこそ使ってほしい!おすすめオプションパーツ


アクションカメラを使用する上で、可能性を広げてくれるオプションパーツは必須アイテムです。
カメラ単体でも撮影はできますが、よりアクティブに楽しむためのおすすめパーツをご紹介していきます。

3-1.手持ちアーム

カメラ本体を手で持ち続けて撮影するのは、あまり現実的ではありません。カメラに指が映り込まないように気を付ける必要がありますし、ずっと同じ高さに持ち続けるのは結構疲れます。

手持ちアームがあればセルフィ―もしやすく、臨場感のある撮影が楽しめます。

3-2.三脚

本格的な撮影といえば三脚は欠かせません。地べたに置いてカメラ本体が汚れる心配もありませんし、角度の微調整ができるので、より理想に近いアングルで撮影できます。

手持ちアームにもできる2way・3way商品も多数販売されているので、1つ持っておいて損はありません。

3-3.固定ベルト

頭に付けるものから腕や体に固定できるものなど、様々なベルトがありますが、ウィンタースポーツの撮影をするのであれば、手持ちアームよりもこちらをおすすめします。(アームを持ちながらのスノボ・スキーは危険です!)

※画像はGoPro装着時

体に固定すれば、自分の目線の迫力ある映像を撮影することができるのでおすすめです!

4.まとめ


普通のカメラとしての撮影はもちろんのこと、アクションカメラは動きのある映像やダイナミックな光景の撮影でその威力を発揮します。実際に使うのは旅行の時だけで年に数回、数万円出して購入するのは勿体ないかも、という方はレンタルでの利用もおすすめです。

1泊からお手頃な価格で利用することができるので、無駄なく賢く楽しむことができます。

また、すでにGoProを使用したことのある方は、Osmo Actionと比較してみるのも面白そうですね。

今年の冬は、スマートフォンよりもワンランク上の撮影にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧