• How to use – Mavic Mini
  • HOME
  • How to use – Mavic Mini

HOW TO USE

Mavic Mini

手のひらサイズのお手軽ドローン「Mavic Mini」。
航空法の規制対象外サイズ(199g)なので、初めての方でも気軽にご利用いただけるドローンです。
※条例等により、すべてのドローンの飛行が制限されている場合がありますので、ご注意ください

1.飛行前の安全確認(200g以上のドローンの場合)

DJI No Fly Zone

DJI社が運営する航空法の規制対象エリアを確認することができるサイトです。
空港周辺等では、モーターが回らないエリアもある為、必ず確認しましょう。
https://www.dji.com/jp/flysafe/geo-map

  • 海外で利用の場合は、現地の法律条令に従って飛行させましょう。
  • お手軽ドローンは航空法の対象外ですが、人通りの多い人口集中地等での飛行は控えましょう。
  • 航空法以外にも政府の重要施設の飛行禁止等、お手軽ドローンも対象になる飛行禁止区域があります。

2.開封する

レンタル商品が届いたら、内容物に不足・破損がないか確認しましょう。

弊社では出荷前の点検及びテストフライトを行っておりますが、万が一不足品や不具合があった場合は0120-540-518までご連絡ください。

3.起動

DJI FLYアプリ

事前準備:使用するスマートフォン・タブレットにDJI FLYアプリ(無料)をダウンロードします。

電源ボタンを一度押し、続けて長押しをすると電源がONになります。(同じ動作でOFFになります)

4.モーターON/OFF

5.操作方法(スティックモード2)

(!)障害物のない安全な場所で飛行練習をしましょう
   周囲に障害となるもの(電波塔や飛行場等を含む)がある場合、正しく動作しない可能性がありますので、
   ご注意ください。

   ※ドロサツ!!では、スティックモード2を推奨しています

フェールセーフについて

電波障害等で機体の操縦ができなくなった時等に発動する機能です。 事前に、環境にあったものを設定しておきましょう。
 ◇ホバリング     : 同じ位置に滞在(飛行)し、バッテリーが切れる前にその場に着陸します
 ◇着陸       :その場所に自動着陸します
 ◇リターントゥホーム:自動で離陸したエリアまで戻ってきます

<注意>
事前にどの高さ(高度)で帰還させるかを設定する必要があります。
海で飛行する場合は、着陸ではなくリターントゥホームや ホバリング、屋内等障害物が多い場合は、リターントゥホームで はなくホバリングや着陸など、環境に併せて設定しましょう。

よくある質問

こちらではよくある質問をまとめました。DJIチュートリアル動画をぜひご活用ください。

プロペラの交換方法

プロペラガードの着脱方法

ファームウェアのアップグレード方法

クイックスタートガイド